壁面をくりぬいて、彫刻や花、小物などを飾れるようにした
装飾棚がニッチ。
平坦な壁面の一部に、くぼんだ(凹んだ)部分を作ることで
リズムが生まれ、自然と視線をあつめる効果があります。
出っ張った棚をつけるよりもニッチをつけることでスッキリとした
印象になり、また飾ってお洒落に使うことができます。

木造アパートと相性の良いニッチ

通常の賃貸物件では、見る機会が少ないニッチ。
スペースの制限上、奥行きのある棚が作れないケースにもマッチしています。

採用事例

玄関

弊社が標準仕様にしているニッチは玄関扉を開けるとすぐに目に飛び込んできます。
家や車のカギなどちょっとしたしたものを置いておくスペースにはピッタリです。
他にも写真や小物などを飾って自分だけのオリジナルスペースとして使うことにも楽しめます。


ニッチの形はさまざま。二段式のニッチもあります!

洗面所のニッチ

化粧品のボトルも、芸術品のように飾って楽しむことができます。
洗面化粧台のユニット化された棚とは違った楽しみ方の提案です。
個人的にはヘアアイロンのコテなどをたてかけるスペースにはちょうど良いです。